山交ハイヤー山交ハイヤー

サイトマッププライバシーポリシー・免責事項安全マネジメント(PDF)

ユトリアグループ

blogスタッフブログ

バック走行訓練を通して、さらなる安全運転を心がけようっ!!

投稿日 2014.06.09(スタッフブログ


「バック走行」

 本来タクシーを運転するうえで大切なことのひとつに、可能な限り「バック走行をしないこと」があります。ですが、車庫入れや、狭い通路で対向車とすれちがう場合など、どうしてもバック走行が必要になるシーンも当然あるわけです。そんなときのために日ごろからバック走行時の心得を念頭に置き、併せて運転の技術をみがいておくことが大切なんです‼

 こんにちは!ブログ担当です。春といえば研修がおおい時期でもありますね!山交ハイヤーでも社員研修をおこなっていまして、今日はそのうちのひとつ、先月おこなわれた「バック走行訓練」研修のようすを紹介します。

DSCF7063

今回の研修では6つのコースを設定し、それぞれバック走行で運転をしてもらいました。

指導教官によるお手本が終わるとすぐに実習ですっ!

1.鋭角+縦列駐車

縦列駐車の場合は、ハンドルを動かす回数が決まっています。3回の操作で駐車することが求められます。まずは基本の確認ですね!

DSCF7156   DSCF7106

2.蛇行道のバック訓練

設置したコーンにより、道幅がせまくなっているのでたいへんです

DSCF7107 → DSCF7108 → DSCF7109

次のコースからいっきに難易度があがります!!

3.行き止まりでのU字ターン 

DSCF7075 できるだけ外回りにハンドルを切り、

DSCF7076 そこからまずは1回切り返します!

DSCF7078 さらに、もう1度バック!!

 ポイントは、1回で出ようとせずに、後方の安全を確認しながら発進とバックをくりかえすことだそうです。教官によると、「運転技術が未熟な人も危ないが、運転技術が高い人は、それに過信してしまうことがあるので気をつけてください」とのこと。

安易に「大丈夫」と思わずに、必ず周囲を確認(とくにバックするまえには、降りて後方を確認)することが大切なんですね!

 

今回は、バック走行訓練で練習した6つのコースのうち3つを紹介しました。次回は、のこり3つのコースを紹介します!(ブログ担当が、大苦戦したコースも登場します)

それではまた、次回☆

 

山交ハイヤー株式会社
山形県山形市桧町2-6-1 TEL.023-684-1515
http://yamako-hire.jp/index.html

タクシー配車受付はこちら

ハイヤー・タクシー山形地区

TEL :023-684-1515はよ, いこういこう

ハイヤー・タクシー蔵王地区

TEL :023-694-9611

ハイヤー・タクシー上山地区

ハイヤー・タクシー天童地区

貸切バス・貸切ハイヤー

TEL :023-615-9333

介護タクシー・福祉車両