山交ハイヤー

サイトマッププライバシーポリシー・免責事項安全マネジメント(PDF)

ユトリアグループ

blogスタッフブログ

3・4月出発「伊勢神宮と身延山・富士山麓4日間!」へのご参加お待ちしてお...

投稿日 2015.01.10(お知らせ スタッフブログ

20150109135517-0001


◆山交ファミリー旅行40周年!3・4月出発
 「伊勢神宮と身延山・富士山麓4日間」ご案内 

 

日ごろよりご愛顧いただき、誠にありがとうございます。
ユトリア(山交)グループ全社で募集しております旅行商品「山交ファミリー旅行」のご案内ページを特設いたしましたのでご案内申し上げます。
山交ファミリー旅行の詳細につきましては、下記のリンクをご覧ください。

 

 3・4月出発「伊勢神宮と身延山・富士山麓4日間!」ご案内特設ページへ!

 

山交ハイヤー株式会社
山形県山形市桧町2-6-1 TEL.023-684-1518
http://yamako-hire.jp/index.html

2014年冬期、安全運転を高める山交ハイヤーの研修!一部内容を紹介します...

投稿日 2014.12.30(スタッフブログ

OLYMPUS DIGITAL CAMERA

こんにちは。山交ハイヤーのブログ担当です。 今年も残すところ、あと2日。
2014年も、大変お世話になりました!

2014年のおもなできごとをふりかえると、山形市内と山形空港をむすぶアクセスバス『山形空港シャトル』の運行開始に始まり、

 山形空港 ⇄ 山形市内・JR山形駅へのアクセス路線バスを運行開始いたしました。

都内のタクシー会社と提携し、当社のタクシーチケットが東京で利用可能になるなど、

いままでにない取り組みが多かったようにおもいます。

 山交ハイヤーのタクシーチケットが、東京でも利用できるようになりました。

 本年最後の更新は、毎年おこなっている冬期社内研修についてです。今回は、外部講師をお呼びして講義をしていただきました。

安全運転には、運転技術だけでなく知識が必要。

 OLYMPUS DIGITAL CAMERA

山形県バス協会より講師の先生にお越しいただき、スライドを映写して解説していただきました。以下に、内容の一部を抜粋させていただきます。

1.冬道はどのように運転すべきか

冬場は他の季節と異なり、スタッドレスタイヤを装着します。溝が浅く、減りにくいゴム質でできているノーマルタイヤに比べ、スタッドレスタイヤは吸水性のある柔らかなゴム質でできていて、また溝も深くつくられているそうです。
さらにスタッドレスタイヤは横溝が多く、それぞれの溝が複雑な形状です(見比べてみると一目瞭然ですね)。その横溝が、路面とタイヤ接地面のあいだの水分を放出する役割をはたし、走行するようです。

でも、だからといって油断は禁物。冬場に安全に運転するテクニックとしては、
◆車間距離を通常の2倍にする
◆スピードは夏場より10km/毎時落とす
◆視界不良のときは、早めに徐行運転にきりかえる
などがあるとのこと。
ブログ担当も大いに参考にさせていただきます。

2.運転者自身の健康管理について

 運転者の健康管理も非常に大切です。今回は、受講者それぞれがBMI数値を計算してみて、生活習慣病について学びました。
とりわけタクシードライバーにとって怖い病気は、足に血栓ができやすくなること。講師の先生もおっしゃっていましたが、じっさいほかの場でも聞いたことがあります。運転労働では血栓ができたり、また運転労働によってかかるストレスの影響で血圧が上がったりしやすくなるそうです。それがもととなって、大きな病気を誘発することもあるため、日ごろから気をつけたいところです。

運転者にとっては、運転を始める前に、
病気の前兆に気づく(見逃さない)ことが大切!

運転中に発症する病気の対策としてすぐにでも実践できることは、体調変化のシグナルを見逃さないこと。

◆発熱
◆体の痛み
◆疲れ

など、病気のまえに体が発するシグナルに気づくことが非常に大切。それが安全運転につながるとのことでした。

今回の講習では、運転中に発症する病気やその対策について、事例をみながら解説していただきました(そのほか、内容すべてをブログに載せきれないのが残念ですが)。

さて、山交ハイヤーでは今後とも安全運転の意識を高め、運行してまいります。

今年一年のご愛顧に感謝をこめて、今日の投稿をしめさせていただきたいと思います。

本年もご利用、誠にありがとうございました!!

(年末年始も通常通り、タクシーのご用命を受け付けております。ご用命は023-681-1515まで。語呂合わせは「はい、いこういこう」です)

山交ハイヤー株式会社
山形県山形市桧町2-6-1 TEL.023-684-1515
http://yamako-hire.jp/index.html

知っておきたいスマホ配車の方法と、山形市内で使用した感想をレポートします...

投稿日 2014.09.30(スタッフブログ

Screenshot_2014-09-29-14-03-41-e1412651211246-1024x969


◆知っておきたいスマホ配車の方法と、山形市内で
 使用した感想をレポートします。

 

ご閲覧くださり、ありがとうございます!山交ハイヤーのブログ担当です。

近年、タクシーの予約等に対応したスマホアプリや新サービスがぞくぞく登場中ですね。今回は、そのさきがけとして登場したアプリ「全国タクシー配車」をつかって、山形市内からレポートをお伝えします!!

◆ 直観的に操作できる配車アプリ、「全国タクシー配車」の使い方

 スマホで簡単にタクシー配車、さっそく山形市内でタクシーを呼んでみました!

1.個人設定
アプリを起動し、以下のようにメニューを表示します。個人設定に入力するのは、お客様のご氏名と電話番号だけで良いので簡単です。

 

これだけで設定完了!

Screenshot_2014-09-29-13-17-01 - コピー Screenshot_2014-09-29-13-17-49 - コピー

2.じっさいにタクシーを呼んでみる

地図上に表示されているヒトのマークを移動して、タクシーに迎えに来てほしい場所を指定します。
指定場所が決まると、右下の図のように表示されるので、「注文する」を選択します。

 

注文までの操作は、たったこれだけ!

Screenshot_2014-09-29-14-24-00 - コピー Screenshot_2014-09-29-14-25-37 - コピー

3.到着

注文するをタップすると、到着時刻も表示されるので便利です。到着後、そのままご乗車ください。

 DSCF7269

 

◆ 山形市内でスマホ配車アプリを使用してみてわかったこと

 

続きを読む »

タクシー車両にフェンダーミラーが好まれる理由について、かんがえてみました...

投稿日 2014.08.31(スタッフブログ

小型ハイヤー正面


◆タクシー車両にフェンダーミラーが
 好まれる理由について、かんがえてみました。

 


ご閲覧くださり、ありがとうございます!

山形交通圏および東根市のハイヤー・タクシーと、県内一円の中小型貸切バスを手配する「山交ハイヤー」のブログ担当です。

もう先月のことになりますが、
“国内自動車メーカーの生産するタクシー用車両は、セダンタイプに代わって、車高が高いミニバンなどに生産をシフトさせていくことに決まった”
との報道をラジオで耳にしました。
「タクシーといえばセダン」というイメージがありますが、セダンではない車両へシフトすると聞いて、ブログ担当なりに疑問におもったことがあったんです!!

 

おなじみのフェンダーミラーに代わって、これからはドアミラーが主流になっていくのでしょうか??

さて、いきなり話題が飛躍した感じがしなくもないですが(汗)

近年、ハイブリット車の普及などにともない、ドアミラータイプの車両が以前より増えてきました。ですが、依然としてフェンダーミラータイプの車両も多いですよね。

そもそも、フェンダーミラーの良さって、なんでしょうか??

 ◆タクシー車両にフェンダーミラーが好まれる理由って、なに??

 

続きを読む »

山形市内の特選観光コースが選定、ただいまご案内ページを準備中です!

投稿日 2014.07.22(スタッフブログ

Šî–{ CMYK

「山形地区ハイヤー協議会がえらぶ、山形市内の特選観光コースが告知されました。

 

こんにちは!山形市と天童市のタクシー会社「山交ハイヤー」のブログ担当です。

今回のブログタイトル「山形市内の特選観光コースが選定、ただいまご案内ページを準備中です!」。

それってどういうものなの?ってことが気になるところですが、簡単にいうと、

 

タクシーの貸切観光を、お手軽にご利用いただける料金で!

 ってことなんです!非常にシンプルです!

じつは貸切観光って、ご利用時間も長くなりがちで、やっぱりそれに応じてご利用料金も安いとはいえないものでしたので、
すこし敷居が高いイメージがありました。

ところが、です!!

「特選山形市内観光コース」をご利用いただきますと、通常よりもかなり抑えた価格で貸切観光ができるんです!しかも、ご利用時間も2時間~3時間に設定されていますので、お気軽にご利用いただけます。

チラシは山交ハイヤーの各営業所やタクシーの車内、山形観光協会などにも設置しておりますので、お気軽にお申込みください!

さらなる詳細については、近日公開のご案内ページをおたのしみに!

 

 

山交ハイヤー株式会社
山形県山形市桧町2-6-1 TEL.023-684-1515
http://yamako-hire.jp/index.html

続・バック走行訓練を通して、さらなる安全運転を心がけようっ!!

投稿日 2014.06.28(スタッフブログ

こんにちは!山形市・天童市のタクシー会社「山交ハイヤー」のブログ担当です!

前回の記事「バック走行訓練を通して、さらなる安全運転を心がけようっ!!」で紹介した、訓練のようすについて、今回はその後半の紹介です。

4.狭路でのバック練習

タイトルだけでは伝わりづらいとおもいますが、下の写真のような状況です。車庫入れなどを想定した訓練ですね。

DSCF7114 前方のパイロンに気をつけて、後進。

DSCF7115 後方の安全を確認し・・・

DSCF7116 パイロンに接触しないよう停止!

パイロンにより道幅がせまくなっているため、周囲に注意しながらバックする訓練です。前方のパイロンだけに注意をむけていると後方のパイロンにうっかり接触してしまいます。“安全確認の意識”を高めるには、二重三重に危険を予測する習慣を培うことが大切です。

 

5.バック走行でクランクをまがる

じっさい(業務上で)はかなり稀なケースといえそうですが、クランクを下の矢印のように後進して大通りに至る訓練です。大通りに出ると、前進して終了です。

                      → (大通り)

                    → ↑

             車 → ↑

あまり現実的ではありませんが、運転技術の向上と車両感覚をつかむ目的でおこなっています。

DSCF7123 まずは右にハンドルを切り、

DSCF7124 4.と同じ要領でバック!

DSCF7125 もう1度クランクをまがり…

DSCF7126 大通りへと向かっていきます。

 6.番外編(8の字バック)

  8の字型のコースをバック走行する訓練で、ブログ担当が大苦戦したコースでもあります(汗)
このコースも、一定以上の角度ではまがれないようにパイロンが設置してあります。なので、バックをはじめるまえに目視して進行方向の安全チェックをする習慣が必要です。一言でいうと、先を見越した運転がポイントになるんですね!

 DSCF7142

ところで、このコースがなんでむずかしいかと言うと、
タイヤ4本ごとの軌道を感覚でつかんでいないと絶対できない訓練なんです!!内輪差などを勘案し、じつはタイヤの軌道線上を障害物からしっかりと逸らしてバックしているんですね!

今回の訓練全体にいえることなんですが、6番のコースはとくに車両感覚をつかんでいないとむずかしいため、いっそう車両感覚を習得してもらいたい、という教官たちの意向があったようです!

 

 訓練の補足として・・・・

今回のような変わった道を訓練するまえに、変な運転を強いられるような道は避けることがまず大前提です。
みなさんは「ハインリッヒの法則」ってご存知ですか?1回の大きなミスの陰には、見えない小さなミスがいくつもあることが統計的に言われています!つまり、人目にふれない小さなミスだから大丈夫なのではなく、その小さなミスはいずれ大きなミスにつながるんだそうです!!

たとえば変な運転を強いられるような狭路に入り込んでしまったとき。狭路に入ってしまったこと自体は、小さな小さなミスに過ぎませんが、それによっていつもと異なる運転操作を求められるかもしれませんよね。危ないのはそういうときなんだそうです。
今回のバック走行訓練では“いつもと異なる運転操作”もたくさん体験したからこそ、よりいっそう安全な道をえらぶ運転を心がけていきたいですね!

基本に忠実に運転することの大切さをあらためて学びました。

 

山交ハイヤー株式会社
山形県山形市桧町2-6-1 TEL.023-684-1515
http://yamako-hire.jp/index.html

バック走行訓練を通して、さらなる安全運転を心がけようっ!!

投稿日 2014.06.09(スタッフブログ


「バック走行」

 本来タクシーを運転するうえで大切なことのひとつに、可能な限り「バック走行をしないこと」があります。ですが、車庫入れや、狭い通路で対向車とすれちがう場合など、どうしてもバック走行が必要になるシーンも当然あるわけです。そんなときのために日ごろからバック走行時の心得を念頭に置き、併せて運転の技術をみがいておくことが大切なんです‼

 こんにちは!ブログ担当です。春といえば研修がおおい時期でもありますね!山交ハイヤーでも社員研修をおこなっていまして、今日はそのうちのひとつ、先月おこなわれた「バック走行訓練」研修のようすを紹介します。

DSCF7063

今回の研修では6つのコースを設定し、それぞれバック走行で運転をしてもらいました。

指導教官によるお手本が終わるとすぐに実習ですっ!

1.鋭角+縦列駐車

縦列駐車の場合は、ハンドルを動かす回数が決まっています。3回の操作で駐車することが求められます。まずは基本の確認ですね!

DSCF7156   DSCF7106

2.蛇行道のバック訓練

設置したコーンにより、道幅がせまくなっているのでたいへんです

DSCF7107 → DSCF7108 → DSCF7109

次のコースからいっきに難易度があがります!!

3.行き止まりでのU字ターン 

DSCF7075 できるだけ外回りにハンドルを切り、

DSCF7076 そこからまずは1回切り返します!

DSCF7078 さらに、もう1度バック!!

 ポイントは、1回で出ようとせずに、後方の安全を確認しながら発進とバックをくりかえすことだそうです。教官によると、「運転技術が未熟な人も危ないが、運転技術が高い人は、それに過信してしまうことがあるので気をつけてください」とのこと。

安易に「大丈夫」と思わずに、必ず周囲を確認(とくにバックするまえには、降りて後方を確認)することが大切なんですね!

 

今回は、バック走行訓練で練習した6つのコースのうち3つを紹介しました。次回は、のこり3つのコースを紹介します!(ブログ担当が、大苦戦したコースも登場します)

それではまた、次回☆

 

山交ハイヤー株式会社
山形県山形市桧町2-6-1 TEL.023-684-1515
http://yamako-hire.jp/index.html

タクシードライバーが城下町「山形」をご案内!歴史観光の知識を磨く。

投稿日 2014.05.22(スタッフブログ

こんにちは!山形市・天童市のタクシー会社「山交ハイヤー」のブログ担当です。

今年は、「東北六魂祭」や「デスティネーションキャンペーン山形日和。」など大型イベントをひかえる山形。当社でも「東北六魂祭」ののぼり旗を設置するなど、盛り上がりの気運がたかまりつつあるように思います。

そんな中、山交ハイヤーではタクシードライバーを対象に『山形市街観光研修』をおこないました!じつは当社タクシーをご利用のお客様にお話しできる知識(とくに山形の観光知識)を磨くべく、毎年おこなっている研修です!

研修は一日かけて、講座と実地見学をおこないます。講師は、最上義光歴史館サポーターや山形市観光ボランティアガイドを務めておられます松本さん。いつも快く講師をひきうけてくださり、ブログ担当も毎年たのしみにしています!!

 

◆ 講座の様子「城下町・山形の地理と歴史をまなぶ」 

 

山交ハイヤー研修『山形城下町おもかげめぐり』

『山形城下町おもかげめぐり』  山交ハイヤーの研修

 講座は山形市内の観光マップを活用して行われます。まずは市の中心「山形城」のことを掘り下げて学びます。

 JR山形駅から程近い霞城公園内に築城されていた「山形城」。じつは全国でも有数の広さを持つ平城だったようで、江戸より北では江戸城に次いだ広さだったとされています(江戸城の広さは山形城の3倍だったそうです!)

 山形城は別名霞ヶ城ともよばれます。「慶長出羽合戦」で山形城主 最上義光と戦った直江兼続は、山形市西部の「富神山」に登って山形城をながめようとしましたが、霞がふかくみえなかったと伝わります。それが「霞ヶ城」とよばれる所以のようです。

 さらに、山形城には、三ノ丸に十一の入口があることから「吉字城(十一の口→吉)」という縁起良い別名もあるとのこと。

 

 山形市内に精通したドライバーでも、知らないことがまだまだありますね!

◆ 「城下町時代のエピソードを数多く知る」 

 タクシードライバーといえば、お客様をお乗せするとまず地名(町名)を耳にします。番地単位で道を記憶していますが、いまの地名(町名)はじつは城下町時代とはすこし変わっているみたいです。例えば、鍛冶町。現在は宮町の一部となっていますが、当時は鍛冶屋が住む町だったことがその地名からわかります。旧町名を知ることは、お客様にお話しできる知識を培うことでもあるんですね!

 松本さんの口から聞きなれない地名が出ました。現在の八日町と五日町の境あたりだと思われますが、そのあたりを吹張(ふきはり)と言ったそうです。山形城の三ノ丸は南端が突き出ており、南方向からの敵を想定して築かれたようです。「その吹張のちかくに鉄砲町という地名がある」なんて思いをめぐらすのも歴史の面白さだと松本さんは笑顔で語ります。

 その鉄砲町から112号線を北進すると見えてくる十日町通り。じつは、この通りの東側は、最上義光によって集められた職人の町だったそうです。曲げ物職人を住まわせた檜物(ひもの)町や漆職人を住まわせた漆師(うるし)町のほか、桶町、銀町、蝋燭町、鞘町、材木町がありました。「昭和40年代に、まだひとりだけ桶職人がいたようだ」と記憶をふりかえる松本さん。

 さて、十日町通りをさらに北へ進むと七日町にいたります。七日町には山形五堰のひとつに数えられる「御殿堰」があり、近年観光地として整備され注目をあびました。その歴史は、最上氏に替わって領主となった鳥居氏の時代、馬見ヶ崎川が氾濫し、改修工事により流路をおおきく北へ変更したことにさかのぼります。それにともない、農業用水や生活用水の確保のためにつくられたのが「御殿堰」をふくむ山形五堰だということです。

 ちなみに、この水路で野菜を洗ったりしていると切れ端が出てしまいます。当時、山形に拠点をもっていた近江商人たちは、その野菜の切れ端をもったいないと感じ、漬物にすることを提案しました。それが現在までつたわる「おみづけ(近江漬け)」とのこと。

◆ 「歴史を知り、お客様のご案内に活かす」 

DSCF7206

 研修ではじっさいに現地をめぐります!今回は山形市内の名所旧跡を9か所めぐり、山形北営業所の所長がお客様をご案内するデモンストレーションをおこないました。参加者はメモをとって聞き入っていたようです!

山交ハイヤーでは研修での学びを活かすべく、今後もひとりひとりが山形の観光知識を磨いてまいります。

ご利用のさいは、(小型タクシーのご利用の場合でも)お気軽にお声がけいただけたら、と思っております。ブログ担当でした。

山交ハイヤー株式会社
山形県山形市桧町2-6-1 TEL.023-684-1515
http://yamako-hire.jp/index.html

山形でタクシー観光をもっと楽しむために...おもてなしドライバーってなに...

投稿日 2014.02.27(スタッフブログ

_DSC0880 ※ 写真はイメージです。

ご閲覧くださり、ありがとうございます!
やまがたのタクシー会社「山交ハイヤー」のブログ担当です。

はじめての土地で観光するって意外とたいへんですよね。ちょっとしたことを訊きたくなる瞬間ってありますよね。そんな時、

“おもてなしドライバー”ってご存知ですか??

 

聞いたことはあるけど、どういうものか実はよくわからない・・・。

なんて方多いと思います。実はこれ、あまり知られていないタクシーの通な楽しみ方だったりします。以下、要点を押さえてご説明していきますね!

 

 おもてなしドライバーはタクシーの通な楽しみ方

日ごろからお客様をのせて西へ東へ走っているタクシードライバーは、やはりその土地ならではの観光情報にも精通しています。美味しいお食事処を知っていたり、旅行雑誌に載っていない穴場情報を知っていたり!

そうしたドライバー達のうち、「やまがた広域観光協議会」の認定試験に合格したドライバーが、晴れて「おもてなしドライバー」として認定されます。

プロの観光案内人としての顔をもつタクシードライバーが、お客様のご要望に寄りそいながらご案内させていただく・・・

それが“おもてなしドライバー”のお仕事なんです!!

旅行プランにいまいちお困りの方や、山形の観光をより楽しみたい方...

そんな方々にこそぜひご活用いただきたいとおもいます。

より洗練された旅のご相談・ご案内役としてご利用ください!

 おもてなしドライバーを指名するメリットとは…

_DSC1002

そして実は この「おもてなしドライバー」・・・

(ご指名に料金はかからないんです・・・・)

あまり知られていない情報だと思いますので、もう一度だけ言っちゃいます・・・

 

おもてなしドライバーのご指名は、無料なんです!!

貸切観光(貸切ハイヤー)や一般タクシーをご予約の際に、「おもてなしドライバーをお願いします」とおっしゃってください。たったそれだけで、 当社にいる総勢27名(2014年2月現在)の認定おもてなしドライバーが、“やまがたの歩き方”をご案内いたします。

 ※一般タクシーご予約でおもてなしドライバーご希望の場合は、少しお時間をいただく場合があります。

 

 

 

以上、おもてなしドライバーのメリットをまとめると、

 1.山形の観光知識が豊富 (「やまがた広域観光協議会」認定)

 2.ご旅行行程に関する気軽な質問・変更などにも親身に応対 

   (よりお客様好みのプランを考えるお手伝い)

 3.ご指名は無料

 

 やまがたで“場所”や“人”との素敵な出会いがあるといいですね!ブログ担当でした!

 

 

山交ハイヤー株式会社
山形県山形市桧町2-6-1 TEL.023-684-1515
http://yamako-hire.jp/index.html

車両紹介 ~その②~

投稿日 2014.01.31(スタッフブログ

寒中見舞い申し上げます。

ご閲覧下さり、ありがとうございます。やまがたのタクシー会社「山交ハイヤー」のブログ担当です。

本年も、宜しくご愛顧のほどお願い申し上げます。

さて、今回は黒塗りハイヤーの紹介です!

OLYMPUS DIGITAL CAMERA           OLYMPUS DIGITAL CAMERA

4名がご乗車になれる黒塗りのトヨタ・クラウン車です!!貸切観光や、遠方よりお越しのお客様をご送迎する際によく使用されるタクシーです!

山交ハイヤーでは、以前にご紹介した小型ハイヤー(トヨタ・コンフォートタイプ、日産・クルータイプ)だけで常時130台が稼動しており、ご予約無しでもご利用いただけますが、

 過去の記事:車両紹介① 小型ハイヤー

 

こちらの黒塗りハイヤーは要予約です!!!

(余談ですが、みなさん!!“タクシー”と“ハイヤー”のちがいってご存知でしたか?タクシーという呼び方は、「タクシー乗り場」や「流し」などで乗車できる車両を呼ぶことが多いとされているようです。それに対して“ハイヤー”は、おおまかに言うと、事前にご予約をいただいて貸切等で利用できる車両とされているようですね。なので、このクラウン車は、“ハイヤー”として活躍しているわけです)

 「余談がながい!」ってツッコミの声が聞こえてきそうですね(汗)

ともあれ・・

 

 

たいせつなお客様のご送迎、あるいは少人数でのご旅行など、多様なシーンを

ちょっと贅沢に彩る、当社自慢の車両です☆☆

 もちろん安心・安全な運転で、真心こめて応対いたします!!

 

 

 

ところで、黒塗りハイヤーなどをご利用のさいに、ブログ担当的におすすめしたいのが、おもてなしドライバーの指名です!

みなさん、「おもてなしドライバー」って知ってましたか?

次回は、この「おもてなしドライバー」についてご紹介していきます!

 

それではまた次回☆

 

 

 

山交ハイヤー株式会社
山形県山形市桧町2-6-1 TEL.023-684-1515
http://yamako-hire.jp/index.html